防災セーフティーネットワーク

「情報」「支援」「外部との繋がり」

 

をテーマに弊社のお客様を対象に無料で情報提供をいたしております。

 

 

 

防災セーフティーネットワークは

平時の時は防災情報やウォーターサーバーの様々な使い方を発信し、

非常時には「支援ネットワーク」として機能するような

「組織作り」と「しくみ作り」です。

 

私は熊本地震の被災者です。

 

私も震災時、県外の方から多数のご支援をいただきました。

その時に痛感したのが、上記の三つのテーマです。

 

被災すると「生きることだけで1日が終わります。」これはけっしてオーバーではなく、

例えば、家族、親戚、知人の安否確認、学校や会社とのやり取り、食料の確保、

生活の確保(補助金を調べたり)・・・

物資の確保または買い物・・・・等々、

 

私の経験でも今では何をしていたのか分かりませんが、

毎日、毎日「あっというまに」1日が終わっていました。

 

 

3日間は物資が不足しますので、県外の方からの支援物資は本当にありがたいです。

 

情報も県外の方からも多数いただきました。

 

物資情報、給水情報、等々・・

停電していたら、日頃は当たり前にインターネットを使って調べることができますが、それができません。

 

ウォーターサーバーの交換部品もメーカーから送っていただいていました。

当社は販売代理店なので余分に在庫は持っていましたが、それでも大規模災時に自社が被災してしまったら対応にも限界があります。

やはり他県の方との連携は不可欠です。

被災地ではデマ情報も多数流れます。

SNSの普及で便利になった側面、デマなどマイナスの情報もあっという間に流れていきます。

被災地では停電で電源の不足が考えられます。情報収集にかけられる時間が少なくなってしまいます。

 

私は熊本地震で2週間「車中泊」を経験しました。暗い中、充分に充電できない状態でのスマートホン使用でした。

 

平時とは明らかに劣る情報収集能力でした。

 

そんな中、外部(県外の方)がパソコンやテレビなど様々な媒体で情報を収集してくださり、私に教えてくださいました。

そのおかげで本当に助かった経験があります。

 

 

こういった情報源の確保としてもこのセーフティーネットワークが活かせるように構築していきます。


災害や有事の時に充分な支援が届くという保証はありませんが、

精一杯の準備は行っております。

 

熊本地震の経験者として、気を抜くことなく生活しているつもりです。

 

今後、どの地域で災害が起きるか分かりませんが、経験者としてなにかしらの支援を行いたいと

考えております。

 

 


防災セーフティーネットワーク 

 

 

本部オフィス

 

熊本県熊本市東区月出1-1-11

TEL 050-1089-6695

受付 平日9時~18時