あなたと、あなたの大切な人の命を守る


 

自然災害から命を守るために!

最低限知っておきたい自助・共助

を動画で紹介しています

 

 

 

「弾道ミサイル落下時の行動」篇

 

政府インターネットTVにて

災害なんて起きないでほしい。
どれだけそう願っても、「いつか」はきっと、やってきます。

「全国統一防災模試」は、東北大学災害科学国際研究所の協力のもと、災害時に重要な知識を集め、問題として再構成したものです。

いざという時、自分で自分を守れるか、大切な人を守れるか。実際に起きた時、正しい行動がとることができるか。想像しながら挑戦してみてください。

地域ごとの様々な種類のハザードマップを閲覧できます。

 

防災の基本は

 

「自助」 

 

 

 

「自分の命は自分で守る」 

 

です。

 

 

 

 

 

このサイトはメールマガジン

「防災士からの命を守るメール」

 

でお伝えする情報をまとめたり

 

写真や動画などメールマガジンでは伝えられない情報を掲載しております。 

 

 

 

 

 

メールマガジンの詳しい内容は

下のボタンからどうぞ

↓↓

なぜ訓練と準備が必要なのでしょうか?

2011年3月11日、岩手県釜石市。

 

東日本大震災では、海から500メートル離れた中学校も、

津波にのまれ、水没しました。

 

 

ところが、学校にいた中学生たちは、津波から逃れ、

自分たちの命はもちろん、小さな子供や大人たちの命をも救うことができました。

 

 

それは、なぜだったのでしょうか?

 

 

命を守る防災教育を動画で紹介しています。

 


ディフィンドフューチャー

災害に強いウォーターサーバー

熊本地震で大活躍しました。

 

災害・有事に力を発揮する

 

「熊本地震にも耐えた

ウォーターサーバー」

 

・車中泊や避難用に

・放射能汚染対策

・内部被ばく対策にも

 

 


家庭で出来る防災対策

防災は事前の備えが大切です。

 

・非常時持ち出し品

・非常時用備蓄品

 

 

あとは、食料品や薬など

 

防災士からみる備えを一覧でまとめています。

 


防災セーフティーネットワーク

「情報」「支援」「外部との繋がり」 

 

をテーマに弊社のお客様を対象に無料で情報提供をいたしております。

 

防災セーフティーネットワークは

平時の時は防災情報やウォーターサーバーの様々な使い方を発信し、

非常時には「支援ネットワーク」として機能するような

「組織作り」と「しくみ作り」です。

 



ブログも更新中です

最新記事7つが下記に表示されます。

 

全部見る場合はブログページからお願い致します。

北海道地震 通れた道マップ

通れた道マップ

 

トヨタ自動車は通行実績などを地図上に表示する

「通れた道マップ」

 

の提供を開始しました。

 

 

 

↓以下 トヨタ自動車ホームページより

 

 

 

トヨタ自動車は、災害後の安全運転のため、「通れた道マップ」を公開しております。

4月14日以降に発生しました平成28年熊本地震におきましても、被災地付近のマップを掲載中です。

 

 

4月20日より、被災地の救援、復旧に向けた活動に、より一層役立つ情報をご提供すべく、

 

これまでの「通れた道情報」に加え、

 

「渋滞情報」と「交通規制情報」を同一画面で閲覧可能とするなど、

 

マップをよりわかりやすく改良いたしました。

 

「渋滞」については、トヨタ独自のリアルタイム交通情報「T-プローブ交通情報」を、

「交通規制」については、日本道路交通情報センター(JARTIC)提供の情報を表示いたします。

 

被災地エリアを走行される際には、走行経路のご検討などに、是非ご活用ください。

 

 

 

 

「通れた道マップ」はこちら

 http://www.toyota.co.jp/jpn/auto/passable_route/map/

 

 

………………………………………

[Sponsored Content]

 

「関東直下型地震・南海トラフ地震」

 

 

 

災害・有事が起きても水を確保

するために

 

 

熊本地震にも耐えた

ウォーターサーバー

 

 

・車中泊や避難用に

・放射能汚染対策

・内部被ばく対策にも

  

   ↓↓

 

https://www.cocorowater.com

………………………………………

 

 

 

 

NTT東西と携帯大手3社、災害用伝言電話の提供開始

NTT東西と携帯大手3社、災害用伝言電話の提供開始

 

 

 

NTT西日本とNTT東日本は18日、大阪府北部を震源とする地震を受け、親族らに安否を知らせるための

「災害用伝言ダイヤル(171)」の運用を始めました。

 

「171」に電話し案内に従うと、無事を知らせたり、連絡を求めたりする伝言の録音や再生ができます。

 

 

 

パソコンや携帯電話を使ってインターネット上で安否を確認する「災害用伝言板(web171)」の運用も開始。

 

NTTドコモとソフトバンク、KDDI(au)の携帯大手3社も18日、

スマートフォンなどで安否を知らせる「災害用伝言板」と、

 

音声メッセージを残せる「災害用音声お届けサービス」の提供を始めました。

防災意識が低下しています

防災意識が低下しています

続きを読む
ディフィンドフューチャー